に投稿 コメントを残す

守住勇魚

守住勇魚(もりずみいさな)
1854-1927.徳島市出身。守住貫魚の息子。後継者として育てられ、住吉派の画を学んだ。後に美術学校に入学し、洋画を学ぶ。
教員を務め、同志社に努めている。洋画に進んでいたが、貫魚の没後、日本画を描くことが増えた。

周魚の作品は数多く扱っていますが、勇魚の作品は現存数も少なく、これまで扱ったのは数回である。
周魚よりも繊細なタッチで、人物にも表情が豊かに表現されている。

※現在商談中です。

ご注文・お問い合わせはこちら